クルリンパ

行動そのものは、どっちでもいい

どっちを選んでも
意識の奥で自分が決めたとおりになる

彼に連絡してもしなくても、どっちでもいい。
デートのお誘いも、してもしなくてもどっちでもいい。
彼へのLINEにどんなことを書いても書かなくても、
どっちでもいい。

お客さんに連絡してもしなくても、どっちでもいい。
セールスのお誘いも、してもしなくてもどっちでもいい。
お客さんへのLINEにどんなことを書いても書かなくても、
どっちでもいい。

「どっちにすればいいか迷うーーー!」
「これをやるべきかやらないべきか、どーする??」という
思考でいっぱいになっているとき。
↓↓↓↓
こーいうときは思考回路が
「どんな行動をすればいいのか」というところばかりに
フォーカスしてしまっていて
その行動の「背景前提」が見えなくなってしまっている状態デス。

どんな行動を選択したとしても
「観る世界(前提背景)メガネ」どおりの現実が放送されていくだけ。
同じような現実が再放送されてばかりいて飽きて不満なら
メガネの替えどき

だから「観る世界(背景前提)メガネ」を
好みにクルリンパしちゃえば
「今までと同じ行動」をしていたとしても
放送される現実は変わっていく

もちろん、メガネが変わったら
選ぶ行動自体が変わることもあります。

お仕事も恋愛も、同じかんじ

彼にLINEしてもなかなか返事がこない。
デートに誘ってものらりくらりしている。
いろいろ話題をふっても反応がいまいちで盛り上がらない。
↓↓
とにかく彼は受け身だから
こちらからなんとかしないとなかなか動かない!!!
というメガネをかけているのかも😆

「自分が観ている世界の前提背景、かけてるメガネ」が
どんなのかチェックしてみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。