「恋愛のこと」

「好き」はなるべく表現しないで追わせたほうがいい、とか
うっとおしいと思われるから自分から連絡しまくらない、とか
昔からこういう テクニックてきな
恋愛指南てきなことに違和感。

溢れてくるものを
なんで頭で考えてとめないといけないの?

溢れてくる想いを100出したら冷めていくようなオトコなら
そもそも合わないんだわ。

溢れてくる「大好き!」は目一杯伝える。

冷められるとか
ひかれるとか
重く思われるとかはね

自分の「不機嫌」を相手任せにしているエネルギーが
相手に重さを感じさせるんだよ。

自分の不機嫌も
ぜ~んぶ受容してくれる相手は
共依存か
自己効力感があることをベースとした
不機嫌撒き散らす 芸 を
両者がたのしめる場合、ね。

「大好き」を伝えるときって
美味しい〜!😍
抹茶アイス大好き〜!😍
と同じテンション。

相手のことを知りたいと思って質問するのもいいけど

自分の好きや、キライ、望みとか
どういうことで嬉しくなるのか
食べもの、場所
自分のこともいろいろ
知らせましょう😊

男の人に、自分のために何かをさせてあげよう。

自分が相手に何かをしてあげることばかり考えるよりも

相手に、何をさせてあげられるか。

相手の力を、どうやって発揮させてあげられるかを。

#パートナーシップセッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。