宇宙一のセッション

実際どうだとか、誰かと比べてどうとかではない部分で
「宇宙一のセッションを提供している」と思っているから
そう感じられるセッションにしかならないんだ。

受けてくださる方がどう思うかは
どんなご感想をいただいても「ひとつの側面」だと思うから

天狗にもならないし有頂天にもならない。

ただただいつも、感謝があるだけ。

相手にどう思われてもすべて最善と受け入れているから
力不足だったなぁ、、と感じることがあっても
それさえも両者のあいだで起こることがパーフェクトで
お金を出した相手にとっても必要な学びが起きているだけ。

目の前のひとと自分のあいだに起きてることは
全て最善パーフェクトなので
すごそうな誰かと比べて落ち込むことは意味のないことなの。
  
宇宙一と思っているから
誰にも負けないし誰にも勝たない。

だからそもそも
勝ち抜かないととか勝ち残らないととか
置いていかれるということもない。

自信があるというよりは
ガッカリされたり負けたりすることさえも
受け入れている、というかんじ。

自信なんて
いつもあるしいつもない。

自信あるなしに左右されない
確固たる自分への誇りがあるだけ。

もちろんブレることだってある。

ニンゲンだもの。

でもまた真ん中に戻れることを知っているから
わたしは安心してブレるんだ。

誰にも負けないし誰にも勝たん。🌈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。