「こんなにひどいことされた!!!」

「こんなにひどいことされた!!!」

まっすぐ怒って悲しんで
私は被害者なんだー!を
しっかりやりきることが大事。

ひどいことされた!!!を出さずに
大人ふうに 悟ったふうな
理想論言っちゃう 重さ が
ひどいことをする人 を創り出したり
自分だったらこういうことは絶対しない!!!があるから、
されたりする。

被害者意識がたんまりあるのに
それを隠して大人ぶってると

「がんばってるね、えらいね、強いね、すごいよ」って

分かりやすく慰めてもらえたり
褒めてもらえたり励ましてもらえたりするけど

その癖に気がついて

健気な悲劇のヒロインを続けたいのか
パターンを変えたいのか。

もしくは
あえてそれをやることで傷を癒している自覚があるか。

子どもみたいに、ちゃんと怒る。
泣く。
相手のせいにする。
みっともない、と思うことをするんだよ。

自分にそれをゆるすの。

安心安全な場所で、ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。