超えるこわさ

次のステージにいくにあたって
コンフォートゾーンを越える選択をするとき。

100%幸せにしかならない、と
はらがすわっているから
その選択に迷いは一ミリもないんだけど
抵抗が大きく出るから
こわいよね。

こわいから
あーだこーだいーっぱい揺れるような弱気発言は出るけれど
一ミリのゆるぎもなく
ハラは決まっているから
一本の太い光の柱がたっている。

そんな人生の瞬間に立ちあえることに
朝から泣けてしかたがない。

おめでとう。

ありがとう。

こんな幸せなことってあるの!?という
想像もしなかった喜びと楽しさの世界であそぶ未来🌈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。