「お金が入ってきても手元に残らない・・・」

「お金が入ってきてもすぐ手放したくなっちゃう」

お金が入ってきても自分のところに置いておけない
ソワソワするからすぐ出しちゃう流しちゃう という
ソワソワを持っているA子さんのケース。

すぐ人に還元しようとする
お世話になった人に恩返ししようとする
あげたくなる
困ってるひとを見つけて支援したくなる、、etc

という感じで一見「行動」としては善良でしかないのですが
前提の意識に
「私だけが持っていてはいけない、私だけが幸せでいてはいけない」というのを
持っていたりします。

「みんなで一緒に幸せになりたい!!」という愛のカタチ。
それは奉仕心と救世者意識がゆえ。

「みんなで一緒に幸せになりたい!」から
自分にあるものをスグ人に渡してしまいたくなる想い。

お金が入ってきても無くなってまた不足
入ってきても無くなってまた不足のループ
実は、「お金」に対しての重さを持っていたりする。

自分だけ持っていることへの罪悪感。

困ってる人に渡さないと
誰かに還元しないと、
周りを見捨てるような気持ちになってしまう
見捨てる自分は悪い人だ、、と自分を責めたり。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

あなたは あなたの幸せを
ずっと願ってきたはず。

あなたが幸せになれば
だんだんあなたの周りも 世界も あなたの過去も
みんな丸ごと幸せになっていくんです💖

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

「すぐ人に還元したくなるでしょ?😆
手元においておけなくて持ってるとソワソワするんじゃない?」

「それ!それですーーー!!!!😳😱」

朗らかな会話で核心にせまり
解放していくセッションでした。

お金に執着がなさすぎるがゆえの
でも お金を重いものとして特別視していることの 葛藤。
還元すること
循環させること

豊かさを循環拡大させるにあたって
とても大切なことなのだけれど
これさえ

どういう意識前提があるのか

深い部分を観ないと
「循環させよう!お金を出そう!」の言葉だけにとらわれがちにもなる。

#お金のパターンのループがピョーンって変わる次元移行セッション
#豊かさ溢れるセッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。