「何を望んでる?」

2〜3年前に脳の血管の圧迫起こして
いっとき足が動かなくなった秋田の母。

でもわりとすぐに
ゆーーっくりだけど ちょこちょこ歩けるようになって。

先月 秋田で会ったときもゆーーっくり歩幅
小さいちょこちょこ歩き。

外を一緒に歩いたときあまりにも遅くて
合わせることをしない私は
お母さんを雪道の中おいて「先に帰るね!」と言って帰った。

あとから電話で
「歩けない老人置いて帰ってあんたは人でなしだ🤣」と笑って言っていた。

まぁもちろん 大丈夫だからがんばってね〜 という感じで
先に帰ったわけです。

さっきふと思って母に電話。

↓↓

「お母さんさ、今よりスタスタ歩けるようになって楽しむこと望んでるー?決めてるー?」

「あたりまえよ〜。なんでー?」

「頭ではそう思ってても
実は心の奥では 車椅子に乗って お父さんに押してもらって
2人で景色見ながら散歩したい、とかない?」

「🤣笑笑。そんなの1っミリも思ってないわよー 笑 リハビリ続けてるしね」

「ふーん、そっか😊スタスタ歩くようになったら何したいの?」

「りくちゃんの来年の小学校の入学式に行くつもりだからね!!
それ目指してるんだから!😆」と力強く言っていた。

母が今よりスタスタ歩くことを
力強く言葉にして言えたことで
さらに「意識」が強まるのでよかったなぁ。

「横浜に遊びに来てほしいなぁ」と言ったら
「新幹線とか飛行機乗るのもなかなかねぇ、、」と言っていて。

スタスタ歩くことを決めてなければそのまんまだし
しかも車椅子の風景でお父さんと密になること求めてたらなぁ、て思って聞いてみたの。

スタスタ歩くことを決めていることを知れてよかったし
この会話で改めて決めたのかもしれない😊

口で言ってることと
頭で思考していること

心の奥の奥(潜在意識)で望んでいることが違うことは
ふつうにある。

たとえ車椅子を望んでいなくても
「お父さんが自分のために動いてくれることの愛」を望んでいたら
そこが叶う。

でもその得られる愛が
車椅子や病気という手段でなくてもいいわけで。

まぁ母が私にそこのセッションを望んでいるわけではないから
これ以上の潜在意識の介入はしないけど
いい電話の会話だったなぁ😊

人様の心からの望みや意図に火をつけること
道標をつくって愛に触れることが 喜び。

コンサルセッションの喜び満喫。
ありがとう、お母さん😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。