一貫性がないという一貫性。

なんて中途半端なんだろう。
中途半端だからイマイチなんだ。
あっちふらふらこっちふらふら、
一度決めてもまたふらふらぐらぐら。
自分の意見なんてないよわかんないよ、
だからだめなんだ。
カラッと明るくもなくしっとりでもなく、
太陽にも月にもなれん。
だからイマイチなんだ。

って、生きてきたんだよね。

中途半端さとカオス感で堂々と生きる☆ と
決めたのがたった数年前。

発信内容に一貫性もないけれど、
それがわたしです。

そもそも「私」は いない。

ってしたら

あら不思議!
なんてラクなんでしょう。

一貫性がないという、一貫性。

意見を聞かれても何も言えなくて
恥ずかしくて
自分バカバカ
相手バカバカしてた
あの年月は

それがお主の個性だろ!!って
開きなおるためのプロセスだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。