あえて の シミュレーション

🔸最悪の状態を細かくシミュレーションして
 惨めにはなりようがない自分を想定する。

不安や恐れって漠然としたままにしておくより
「こうなったらやだ!」という状況を
あえて シミュレーションをする。

あえて こうなったらやだ!! の状態になったときの
セルフイメージ(自己像)が下がらずに ルン♪ となる自分像の言語化をするんです。

避けたい出来事や状態になったときの
セルフイメージや心情って
思い込みなので
変えることができるの。

ひとはその状況そのものがイヤなのではなくて
状況に湧く感情がイヤなのでね。

セッションでは
奥山のぶが家賃3倍の家に引っ越すことを
決めたときに「払えなくなったらどうしよう。。」が湧いてきたときに
「払えなくなっても大丈夫♪」に
変換したシミュレーションを例でお話しました。

「払えるから大丈夫」と同じぐらい
「払えなくなっても大丈夫」を
フィットさせることがニュートラルな状態💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。