感覚派のスイッチ

ビジネスの手法 ノウハウ
「やりたくない」「やりたい気持ちになれない」というのは
あなたのやる気の問題ではなくて
やりたくない には
あなたの宝の価値観が詰まってるんだよーーーー!!!

(稀に しのごのいってないでやればわかる!やれ!!というタイミングもある。
やることで感覚が開けるタイミング)

「感覚派って、きゅん💕とか るん🎶とか
めっちゃ大事じゃん!!て気づきましたーー!!」

動けなかった手法も
るん🎶の源があるとできるようになる。

その手法に るん🎶 てするんではなくて、
自分の るん🎶に、手法を使う。

手法ありき ではなくて
あなたの るん🎶ありきー。

コンサル側が「やれなかったらやらなくていいよー」と言ってて
「やりたくないときはやらんでいい」という意味で言ってたとしても
やりたくないことを
「でもいつかはやらないとだよ」て思わせるところで
止まってるから
ずっと クライアントさんの「やりたくない、やれない」が続くんだ。

「やりたくならない自分がだめなんだ」
「やれない自分がだめなんだ」と
クライアントさんに思わせてしまってるとしたら。。?

やれない、やりたくない は
単純に 気分 のときもあるけど
何かの思い込みやぜんぜん関係ないことが関連していたりする。

#すぐやれちゃうひとには分からないコダワリの宝
#ビジネスコンサルん
#るん🎶の女性性をつかう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。