解放された安堵感

「ぜんぶ自分が創っている」は
いろんなところで見聞きするようになっているけど
どこの次元(層)で捉えているか、には違いがあるかなぁと思います。

私も前は、自分の責任って言われているようで
なんだか重くていやだった。 

元気でノリノリゴーゴーのときはいいけど
うまくいってないようなとき、ヤサグレているようなときは
「ぜんぶ自分」がわかりたくなかった。

なんとなくわかっていても
何かのせいにするときの後ろめたさとか。

浅いところでの理解だったなぁと今では思う。 

「ぜんぶ自分が創っている」が深い層でふにおちたときに
なんとも優しく、心底安心したのです。

本当の意味で
責任から解放された安堵感があって。 

信じることを、選べる自由。

信じていることで、創られている現実。

加害者も被害者もつくらない世界。

他人の価値観、親の価値観、社会の概念
常識から、自由になれる。

不自由を選ぶことも自由、という自由。 

安心して分かりながら外側のせいにするという、自由。

「ぜんぶ自分」をベースにセッションを提供しているのは
クライアントさんに心底の安心を得てほしいからです。

「あなた以外の誰かによって、あなたの世界が創られることはない」という、安心感。 

💖
💖
#幸福感度のサポートコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。