グインっ

私自身「震えながら勇気を出して相手に伝える」という体験を
過去に何度かやっているので
クライアントさんもセッション中に
「勇気を出して伝える」というミッションをクリアされて
現実が大きく動くケースが多いです。

もちろんセッションサポート中なので
安心安全な領域をつくったうえではあるけれど

体は反応として、震えたりするよね。

「彼女の想いを、彼氏が勇気を出して実現する」ということ。

自分の中の、男性性と女性。

自分の中の男性性を立ち上げる。
カッコよくなる。

ハラのチカラ=男性性。 

ビジネスでもパートナーシップでも
未成熟な自分(未成熟な男性性)をカッコよくさせるプロセスは
必然的に訪れる。

そんな震えてまでの勇気をふりしぼんなくてもいいことのほうが
ほとんどだし、震えて言わなくても
スムーズに運ぶようになることもあるけれど
「伝えたいけど言えないこと」が「言える」と

大きく現実が動く。

「言えなかったことが簡単にスルッと言えました〜!」のベースで
「勇気」を使うときは、グインっと動くよね☆

「言う」って、相手に向き合うというよりも
自分に寄り添い向き合うからこそ

自分のために、言う なのだな。

#セッションのひとこま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。