自分が好き

心地いい家
好きな服
最高のセックス
承認されること
チヤホヤされること
最高の恋愛
夫婦関の心底の安心ラブ
目立つこと
縁の下の力持ちボス
両親と頻繁に会う
稼ぐということ
稼がなくてもいいということ
子どもへの信頼、安心
健康
人との濃い繋がり
夢中になること
どんな自分が知られても平気な境地
自由すぎる時間
クライアントさんとの喜び 
家事をしないで過ごすラクな日々
家事を楽しむ日々



家だけがーーーー!!!の家も引っ越したら
あれ?わたし、ぜんぶあるから、求めること何もない。。。
という状態になって。

もちろんカタチは移り変わるから
たとえ家がまたオンボロになったとしても
「すでに体験した」という「ある」が自分の中にずっとあるわけで。

今の時点での欲や望みというか
体験したいことをやりきって
制限も何もなくて。

次はなんとなくわかっているのに
なんだかなかなか動きたくなくて、動けなくて。

つまりある意味そこに行かない制限をしている自分もいて。

かっこわるいことになりたくない、という
自己防衛のダサい自分がいたりもする。

体験したいことがなくなって
さて、どーすっかなぁ、て。

もう改めて、世のためにこの体をつかって
お役にたてることを何か違うやり方と違う場所で
エネルギーを使っていくときなんだなぁ、と。

余裕ぶっこいてんじゃねぇ!!!!💢
て、キレられている。

私が私に。 

魂もキレ出してきたw

魂キレ出してくると自我も発狂するw

楽しんでいればいい!も、私のど真ん中ではなくて。

満ちているからこのままでいいのに
余裕すぎてエネルギー有り余るという。

満ちてるけれど、なんだか物足りない。 

セッションコンサル業はずっと楽しくて喜びで
尽きることのない感謝の原動力。

とかなんとかあれこれぼやきながらも
いつでも自分のコアと繋がっている

安心感の中で生きる遊びを真剣にやる、芸。 

個人周期9の年。
「9の年は自分で決めようとすることは決まらない」というのが出て
ホッと納得。

自分のいのちに一生懸命な自分が、好きだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。