夫にキュン❤

クライアントさんとの
パートナーシップセッションで
夫にキュン❤となるキーに
『自分と夫』という関係性から生まれるあれこれを、外す
ということがある。

いったん関係性から離れて
俯瞰した立ち位置になるように、観れるように
あれこれをセッションでおこないます。 

たとえば私も夫と同じ空間にいて会話をすると
ムカついたりトキメキとは真逆の状態になったり
ふつうにいろいろあるわけだ。

お互い地雷を踏み合いやすい性質の関係でもある。

でも彼の大ファンでいられるのは
初めて出逢って惚れたときの感覚を
いつでも引っ張り出すことができるから。   

たとえば私はカフェや飲み屋でひとりで過ごしているときに
スマホではなくて本を読んでいるような人にグッとくるんだけど

彼はひとりでのみにいっても小説読んでるような人。

その佇まいを想うと、😍😍😍!
膝下のカッコよさとか!😍😍😍
遠巻きで眺めるときのファン感覚。 

私は父親の大ファンでもあるんだけど
一緒にはあまり過ごしたくないw

遠巻き大ファン! 

これとは逆に
一緒に過ごしているときに「大好き!😍」と思える関係性もある。

一緒に過ごしているときに湧く「大好き!」は、 
「その相手と過ごしているときの自分が大好き」ということでもある。

人はたいてい
自分のことが好きでいられる関係性に「好き」が湧くから、

相手といるときに「自分があまり好きじゃない自分」が登場すると
相手のことが好きじゃないような錯覚におちいる。 

ここの微細な違いがわかるようになって
境界線が持てるようになると
どんな関係性にも喜びを見出すことができるようになる。 

「合わない」と単純に思っていた関係性に
価値を見出せたり
ひとりの人に対して完璧を求める窮屈さから、解放される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。