緊急SOS

緊急SOSセッションは月1回あるかないかぐらいですが
お問い合わせいただくときって
たいてい予定がなくて
家でひとりでのんびり洗濯物たたんだりしているときなので
「では今から☎️」となれる。

ちなみに緊急SOS度「超」高いときって
震えたり、心拍数上がってやばい感じになったり
体温下がって震えたり、まともに喋ることもできない。

身体に大きく反応出る。
脳がバグる。

こういう感じ私も何回か経験してる。
トラウマに触れるみたいな。

ひとりなら熱いお風呂入ったりさすったり
吐く呼吸に集中したり
誰かいればギュッてしてもらったり
先にまずは身体へのアプローチを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。