スピリチュアルジプシー

「のぶさん!5ヶ月間よろしくおねがいします😍
 これでスピリチュアルジプシーから抜けられますかね!?」

↓↓↓

スピリチュアルジプシーは「やめる!」て決めたら
いつでもやめられますね☺️

ただ、ジプシーってわるいことではないかな〜。
好奇心旺盛にルン♪ としながら学びを深めたり
「知る」「触れる」ということ自体が楽しくて
エネルギーが上がるようでしたらジプシーはたのしいですね😆

同じようなことでも、
伝える人によってエネルギーや言葉の選び方が違ったりもしますし
いろんなラーメン屋さん巡りをするようなワクドキもあったりしますよね😋
私も好きです♪

でも先日この方がおっしゃっていたように

何かに救われたい、真実はなんなの。。!?
どれを受けてもなんだか結局ふにおちない、、

というような状態は、盲点がある という状態でもあります。

私自身が3年前にとある出来事をとおして
そのような状態からは抜けました。

それまでは、望まないジプシーをやめたくても
腑に落ちないから彷徨う。。

真実を思い出した。
出会った。
なんだ、シンプルじゃないか。
元々自分が思っていたことでよかったんだなぁ。

ほかのあれこれは人間独特の解釈がいろいろ入っていたんだなぁ、と。

もちろん私がハラから確信していることも
所詮人間の解釈なわけですが 笑
結局核のところで矛盾なく
心底安心してふにおちる状態になれているので(今現在は)
ご縁ある方ともこの揺るぎなさは当然共振共鳴が起こります。

実際、望まないジプシー状態からは抜けて
スッキリされるお声は数々いただいております。

提供者側が核のところに疑心があると
受ける側もふにおちない状態は起こりやすいですよネ。

まぁその疑心さえも
ふだんはそのままでもなんともなかったりもするのですが
2、3年前のコロナのときは顕著に露呈したなぁと眺めていましたー。

先日電話セッションでお話しさせていただいたとき
「今までたくさん受けてきたけどなんか初めてなかんじで新鮮で、でもホッとします😂😳」と彼女がおっしゃって、
核のところに触れたときに涙も出てらしたのが答えかと思います☺️

ただご存知なように
奥山のぶの場合は今現在は講座などの学び形式で
スピリチュアル的なことをお伝えしてはいません。

クライアントさんの毎日の日常で出てくることに
真理を紐付けてお伝えしているので
腑に落ちやすいのかと思います。

日常に答えがあるし
スピリチュアルは遠いものではなくて
ココにあるものでご本人そのものなので〜。

だからこそ自分にとって盲点な肝心なところほど、人は逃げやすい。

自分の中にある見たくないことを見たくないしみとめたくないから。

見ようとしないうちは
真理には触れられないかなぁ。

結局、自分次第です☺️

見たくない=変わりたくない なので
自覚するだけでも軽くなるかなぁ☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。