火がいい

3月に引っ越した先の台所がIHで。
私はほとんど料理をしないけど火をつかった料理が食べたいし
夫や子ども達も
火をつかって料理したほうがいいよなぁ、と。
(「自然」の原形に近いものを欲する性質)

やはり夫も「火がいい!🔥」ということで。

ガスの配管通ってないから
工事を入れてガス台を購入した。

「Aでもなんとかなるしそんな困ってないけどBにしたらもっと快適!」というときは
Bにしたときの自分とみんなの喜びや
快適さ楽しさに想いをはせると
お金をかけてBを選択する動機そのものが「投資」になる。 

お金は消費と浪費と投資によって
創られる現実やお金の増え方が変わるよね。 

そんなこんなで工事も終わってガス台もすべて揃った翌日、
思いがけない方から「引越しのお祝い」ということで
なんとガスにかかった費用と同等のお金をいただいた✨

引っ越してから4ヶ月も経つし
あまり会わない方だけど
富の循環ってこんなふうに想定外であたりまえに起こるなぁ🌈

#豊かさ溢れるセッションで話す消費と浪費と投資の話
#奥山家のひとこま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。