急がば回れ

「モラハラの日々 → 穏やかな日々 →→→ 離婚」

去年の夏に3ヶ月間のサポートコースを受けてくださったクライアントさん。

「とにかく、、!ラブラブとかでなくていいから
 平和に、子どもの父親として存在してくれて穏やかに暮らしたい。

 離婚はよぎるけど、やっぱり子どもの親としてお互い協力し合えれば。
 モラハラさえなければ充分なんです」 とおっしゃていた彼女。

彼女は情に熱くて周りからも頼られるタイプの
自立した美人さん。

夫からモラハラ受けてるとか
周りからは想像しようがないタイプの快活な方でした。

他者貢献と奉仕の意識が純粋に高いがゆえ
自分の欲や望みは後回しで自分に対して厳しいところもあって。

自分へのドS(虐待)をやめれば
夫からのモラハラはいったんおさまるだろうなぁと思いました。

でも彼女はとてもハートフルで
人と人との濃い繋がりにとても価値をもつ方だったので
「ラブラブじゃなくても夫とふつうに平和でいられれば」というのは
彼女のど真ん中ではないな、とは思いました。

ハートフルな関係性が
彼女の求めるど真ん中だなぁ、と。💞

でも人は、「ど真ん中」でなくても
ど真ん中にご本人が向かうためには
ど真ん中以外をやるプロセスも必要だったりする。

だから「今の私はこれがいい。これをやってみたいの!これが必要な気がする!」ということが
例えど真ん中でなくても
ど真ん中に繋がるための布石だったりする。
(というかぜんぶ体験したいから、そのときそのときのど真ん中)

サポート期間中はしっかりご自身に向き合うことができて
夫様のモラハラ言動はなくなったし、
より一層軽やかになられてお金も循環するようになられました。

一年弱後
「離婚しようと思います。もう決めてるけど、より軽やかにいきたいから」と
単発セッションのご依頼いただきました。

モラハラのまま離婚ではなくて
モラハラをしない夫を創造、体験。

彼女はぜんぶやりきりました🌈

こんどはラブラブなパートナーシップを創造されるかな☺️❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。