特別視

「ふと気付くと、私の周りにはいつのまにか
 『お金より物々交換が好き』と公言するような人たちが増えていました。

 当時からの私の意識に合っていたんだろうけど
 なんかだんだん重くなってきた。

 純粋に喜びと感謝をこめてお金渡そうとすると
 いいよいいよーと断られたり(°▽°)

 どうも
 『お金は必要なだけあればいいものだし
  お金を介さない交流(をする私の生き方は)美しい』みたいな感じとか。。

 それはそれで本人が満足していれば本当に美しいと思うし
 人それぞれだと思うんだけど

 お金じゃない言ってるのに
 実際お金に対して不満を感じている様子とかみると
 うーーん。。。と。

 のぶさんとご縁したことで純粋に「お金嬉しい!😍」て私もなって
 お金と物に区別をつけない感覚になったから
 お金も物も同じように嬉しいし受け取れるようになって
 どんどん繁栄しかないなぁ、と🥰」

 

お金を特別視すると
物よりお金を下に見たり、もしくはお金を上にみたりする。

物もお金も気持ちも
みんな同じ位置にあるのが自然なこと☆

お金に重さをくっつけて受け取り拒否したり
お金を上にしてお金じゃないなら意味ないとか、偏りなんだよなぁ。

私は好みとしてお金が嬉しい😆

#豊かさ溢れるコンサルん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。