望んでないもん!

「こんな現実ちっとも望んでないのに
 自分がぜんぶ創ってるとか望んでるとか、、ぜんぜんわかりません!」

うん。
ちっとも望んでないことがどんどん起きて
絶望的になることってあるよねぇ。

起きた現象そのものはちっとも望んでいなくても
起きた現象に対して湧く思考や感情にヒントがある。

大変で可哀想と思われることで得たいことは、なんだろう?

「私はひとりで頑張って苦労するのがふさわしい」と
根底で信じていれば、それを感じさせる現象になったり。

「私は肝心なときにヘマをしてうまくいかなくなる」と
根底で信じていてれば、肝心なときにうまくいかない現実を繰り返したり。

ひとりで頑張って苦労するのがふさわしいだなんて
ちっとも思ってないし!!!!と当然思うよね。

でも、日常当たり前にしている選択ひとつひとつに
言動ひとつひとつに、現れてるんです。

混線していると、自分ひとりじゃ気がつくことはむずかしい。

ただでさえ大変なんだから
深刻に一生懸命考える必要はいっさいない。

現状突破のキーとして
「よだれが出るほどに望む状態🤤💕」を受け入れたときに
現実は好転する。

これぐらいなら叶うかな、これぐらいなら今の自分からしたらマシかな、レベルではなくて。

よだれが出るほど🤤💕 を
拒んでいて限界をつくっているのは自分なんです。

限界をつくっているほうが安全だと思い込んでいるだけ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。