わたしの素粒子

「自分がぜんぶ創っている」というのは
自分のことを否定したり
裁いたりするということではないよ。

「自分の創造力っておもしろい😍」って
「自分をみくびんなくていい」ということ。
 
望まない不快なことが起きたときに
あーだこーだ文句言ったり落ち込んだり
感情を動かしたあとは

「さて、この現実をどーたのしもっかなっ」
「この現象からどんなギフトを受け取ろうかなー。受け取れるのかなー?♡」
「やばい、ますます磨かれる😍」ってね。  

望まない不快な現象からは
よりハッピーにラクに生きられる気づきのギフトを受け取れる。神様ありがとう!

目の前に現れる世界を創り出しているのは
まぎれなく「自分」☺️
 
「こんな脚本つくる自分おもしろいなー。」と♪

自分にとって盲点になっていることは
自分ひとりでは気がつきにくいけど
委ねてハートを開いていると
外から見聞きする何かで気づきが起こったり☆

自分を責めやすいひとはそもそも
「自分を責める芸をもうやめてもいいよっ」という
シンプルなお知らせだったりね。

「自分」という1つの粒である素粒子が
過去や集合意識も含めて
いろんな情報を取り込んで
目の前の世界を映し出している☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。