バンジーは要らない

♢バンジージャンプとか清水の舞台から飛び降りるとか

「のぶさんがチャレンジするのにバンジージャンプは必要ないって
 言ってたのが気になります!
 清水の舞台から飛び降りるからこそ次のステージに行けると思い込んでいるので
 飛び降りられない自分を責めてしまうことがあったり。。
 でも飛び降りないと次のステージ行けないじゃんとか足枷かいてます💧」

「コンフォートゾーンを抜けて次のステージに行く=清水の舞台から飛び降りる」というのは
各々の好みであり、洗脳でもあります😉

飛び降りて負荷をかけると
ステージが変わっても、また負荷を回収する現実を創ります。

チャレンジしたいことに関してのコンフォートゾーンの抜け方も
自分好みにオーダーできます♪😉

ちなみに私は〇〇ー〇ー〇〇〇です♪笑
セッションで聞いてくださいネ。

あなたのコンフォートゾーンの超え方、チャレンジの設定も
あなたが楽しくなるものを一緒に創りましょう♪

#怖さに果敢に向き合うことを卒業したい方
#軽やかにコンフォートゾーンを超えたい方

https://uchuunousagi.work/menu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。