「旦那が私に意地悪だ」

「旦那が私に意地悪だ。(状況〜〜〜)。
 私はもう前みたいに怒り狂ったりぶつかるのはやめた。

 いろいろ言ったけど、ほんと話にならない。

 わたしが謝って何かしら約束みたいなのしないと
 お願い聞いてやらない!みたいなスタンス。」

「とりあえず別の部屋に移動して、ひとり泣いた。
 いつも、旦那との良好な関係を決意すると、こうして揺さぶりがくる。

 やっぱり嫌だ‼️無理‼️嫌い‼️ってなる現象が起きる。

 でも今回は、あーーーーきたなーーーー、無駄な力使うのやめよーって思って
 フェイドアウトした。

 旦那は2人の関係については ぜーんぶ私のせいにしてくる。

 そういうスタンスだから、ぜったい謝ってやんない。
 謝りたくないってなる。

 謝ったら服従するみたいですごくいや。」

「このタイミングで、いつもと同じことしたら
 同じことの繰り返しだなぁって思うけど
 ほんとやだー もう旦那のこと考えたくない。

 なんかもう、困難が立ちはだかってるみたいで
 絶望的な気持ちになる。

 こんなんだったら関係性なんて変えなくていい。
 服従するんだったらこのままでいい。
 経済的に自立してあんたなんかいらないってポイってしてやりたくなる。」

「とりあえずへそ曲げて意固地になってるわたしを抱きしめよう。
 いっぱいいっぱいわたしに優しくしよう。」

「めちゃくちゃ涙出てくる。」

「しんどいね。よくやってる。えらい。
 ヒーリングしてます。

 明日以降でも落ち着いたときに
 当時、相手から欲しかった言葉
 自分が伝えたかった想い、
 書き出してみてください。」

翌朝

「ありがとうござます。ヒーリング効果かなぁ、
 昨日のやりとりの中から
 旦那は本当は悲しい、わたしから大事に扱って欲しい
 そこからくる怒りなんだなぁって感じて。

 なんか、不思議と旦那から流れてくるような。

 そっかーなんだーわたしと一緒じゃんね、となりました。

 そう思ったら、昨日のやりとりはなんかもう別にいいやって思って。

 のぶさんのおっしゃるように
 落ち着いたときに自分の内側を書き出し吐き出したらもうそれで大丈夫そうな☺️
 なんとも不思議な感覚。

 旦那もわたしも 大事にしてもらいたいし
 本当は大事にしたい、と思っている、というのがわかってしまって。笑
 なんか一件落着的な気分、いまは。笑」

「あ〜〜、すごいよ、ほんとすごいなぁ。まさにそうでした。
 ヒーリング中(彼女が泣いて自分の内側としっかり向き合っていたとき)
 夫氏と彼女が同じ傷みを持っていて。

 この世は自分1人しかいなくて。

 被害者も加害者も、ぜんぶ自分の中にあるもの。

 可哀想な自分で居続けるかぎり
 外側の人は偉そうに強く登場してくる。

 どんなに相手のほうがひどくて嫌い!て思えても
 まるごと受け入れて愛してほしいのも
 理不尽なのも意地悪なのも自暴自棄になるのも泣くのも

 ただただ、ありのままに
 自分であり相手であると、みとめる。

 〇〇なとき、〇〇だった!〇〇なとき、〇〇だなんてありえない!
 私だったらあんなこと絶対したいのに!!!

 というような表面的な選択の事象の奥にある、叫び。

 同じもの。 

 相手と自分の分離(嫌悪感)が強くなったとき
 実は1番統合できる。

 相手の中に入って、自分の存在を眺める。

 これを、あなたはやったんです。👏」

「そしてここから。 相手も自分もニコニコになるストーリーを心から、決める。観る。」

しっかり潜れたクライアントさま
おみごとです。

#パートナーシップ
#幸福感度の底上げサポートコースのひとこま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。