♢旦那さまのパンツをつまむ件

♢旦那さまのパンツをつまむ件

C子さん
「ご飯前だし早く帰らなくちゃだし、と以前なら帰っていたところを
ふわふわしたチョコ系のもの食べたいって思ってカフェで休憩している。
こういうの罪悪感なくなったなー。
そういえば、今日は旦那の洗濯物ちゃんと畳んであげた!
今まではてきとうにしてたのを、靴下もちゃんと1組にしてあげた✨
わたしえらすぎー🥺✨
今までパンツとか下着触るのもいやだったのが
そんないやじゃなくて、裏返しになってた下着もちゃんと戻してあげたー
今までどんだけ。笑」

E子さん
「おー!私もありました😆
パンツつまんで洗濯機に入れる、からの普通に触れる😆
どんだけーだよね笑」

C子さん
「そうそう!笑笑!パンツつまんでた🤣
 ここで共感できるとは〜😆❣️
今回はパンツきれいに揃えて干して
ちゃんと揃えて脱衣所まで持っていってあげたー!✨
わたし、えらい!笑笑
やっぱり今までどんだけ🤣」  

#2ヶ月間3人グループセッションのひとこま

毎日の暮らしの中で「チッ」が増えるほど
お顔も歪んでいきますし
プチストレスはないにこしたことがない。

心身快適にかわいくきれいなのが本体なのだ☆

 

ちなみにE子さんはセッション期間中に
1年半ぶりにセックスレスも解放されて優しい関係性になっています♡

キュートなC子さんは芸術関連でご活躍されているだけあって
芸術家起伏の熱ーいエネルギーが旦那さまとの関係をとおして炸裂しています。

憎ったらしくて自分が禿げそうになるほど
ストレスな旦那さまとの関係性。

どんな状況であっても、ご本人が望む関係性の意図をきらさない限り
必ず好転いたします💞

「なんで叶わないの?(怒)(涙)(不安)」「なんで変わらないの!??」というような
自己効力感が下がってしまっている状態では、
行動や在り方の全方位でのパフォーマンスを落とします。

パートナーシップもビジネスも、
自己効力感が下がるほど
叶っていない変わらないことに目が行ってしまい、さらによくないことを考えてしまいます(涙)

実は、欲しいものが手に入っていないことや
叶っていないことがイヤなのではなく。

「そもそも相手次第で自分の価値を見積もる自分が嫌でたまらない(涙)」
と言うことに気がつくと、バッチリです😉

お金や売上や相手次第でご自身の価値が
右往左往される状態からサクッと抜けていきましょう✨

日頃、自分が自分に対してどんな言葉を放っているのかの脳内トークが、キー🔑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。