おかげさまの軽やかさ

 

セッションをしていると
毎日のように変化結果成果の喜びメッセージをいただく。
けれどセッション提供者が奥山のぶでなくても
あなたに変化結果成果は出ていたよ〜、という意識も常にある。
あなたが地道にこれまで内面の準備をして
このタイミングで変化結果を出すことを自分で決めていたわけであって
そこにたまたま奥山のぶを選んでいただいただけ。
同じようなエネルギーの違う人や状況をあなたは創造するから、
同じような変化は出る。
誰から受けても
あなたが決めたら、あなたが決めたような成果を受け取れるの☆
もちろん私はセッションが好きで
たくさんの「おかげさまで」をいただいて
感謝し合える喜びは心震えるし
自分の提供するセッションを絶賛自画自賛しているけれど
根底には
「変化を出すことを決めている相手の潜在意識のおかげ様」という
思いが常にある。
めっちゃ絶賛自画自賛でも
謙虚でしかいられない。
自分王国とか自分自神とか自画自賛とか自分至上主義とか
「自分が自分の世界を創っている」の在り方や定義の根っこにあるのは、
「生かされている。」という降伏感。
この委ね感は、ラクで安心なのです。
「自分が!」から、降りられるから。
そして分かりやすい現実的な変化結果成果は
副産物みたいなものであって
「どんな自分も受容できる安心の境地」を共有し合えることこそが、
わたしの喜びだなぁ。
🍓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。