「嫌なことは何のサイン?」

「先日、こんなとこで取り締まり!?っていう
近所で車の一時停止でパトカーに捕まって罰金。
何かサインなのかなぁと思って。」

何か不快な出来事
望まないことが起きたとき
あなたはどう思考しますか?

「あーーーー、、」
「もぉーーーーー!!!」
「なんでーーーー!?」
「ガッカリーーーー」
「ついてないーーー」など
落ち込む感情はそのまま表現したとして。

心理学が好きな人ならば、
自分の在り方や過去に原因を探しにいくかもしれません。

不快な出来事が起きた原因探しって
はっきり言ってあまり意味ない。

反省したり自己肯定感を下げる方向になりがち。

つまり原因追求で「過去」に意識が向くことが当たり前になっていると
地味な自責癖が身につきますw

これ、ニコニコハッピーに生きたいならけっこう不毛。

じゃあ、どう捉えたらいい?
↓↓↓
「よりハッピーな望む未来のために起きているなら
どんな望みが隠れてる?
どんな望みに気がつくために起きたサイン?」

のぶサロンに「対面セッション」にいらっしゃったSさんと
「Sさんの望み」が見つかって、キャッキャウフフ🥰

その望みを現実化していく具体的方法をお伝えしました。
「実践できること」であり
「何をやればいいか分かる」
「やるといいことが、やってみたい♡」となること。

セッションにいらっしゃった方に
受け取っていただく。
奥山のぶが重要視していることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。