♢メランコリーに付き合ってくれない

♢メランコリーに付き合ってくれない

「のぶさんとのセッションが始まった頃は
彼とのことがどんなに悲しいくてせつなかったのか
仕事のこと家族のことのムカついたこと
悲しかったことの現状を必死にアピールしていたように思います笑

でものぶさんはいつも突然あさっての方向
斜め上からのことを聞いてきたりして
話題を変えてきたり私のメランコリーに付き合ってくれない笑

今ならなんで斜め上のことをおっしゃられたのか分かりますけど☺️」

ハートが負傷した直後ではない場合、です笑
こうでああでこうでああで、、と思考がメインになっているとき、ですね。

斜め上から変なことを言われたときや
聞かれたときはある意味視点を変えるチャンスですよん😆

あなたが迷路から華麗に抜けられる空上の視点からお伝えさせていただきます☆

#対面セッション
#通話セッション
#サポートコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。