レスの悲しみ

夫に求められない悲しさ
セックスレスの虚しさ。

ただただふたりでニッコリと
エネルギーの一体感を感じたい愛。

「大切にしているよ」をお互い伝え合えあって
受け取りたいだけ。

今日の Uさんの場合
エネルギーがクレクレ星人になっていたので
「自分から差し出すことで満ちる愛」を
具体的に実践していただくことになりました。

レスの悲しみってつらいよね。
でも変わるから大丈夫😉

#パートナーシップセッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。