憎しみが湧き続ける

憎しみが湧き続ける人がいる。

「ふつうにとても幸せだし
順調だし感謝が溢れるまいにちだけど
どうしてもどうしても許せない!!!
死んでほしいぐらい憎しみが湧く相手がいる。」

私もそういうときがあったなぁ。
その人に関することだけは
おかしくなるぐらい気が狂いそうになって。

これをあらゆる手段をつかって
ようやく成仏しかけたころ
同じような苦しみを持つ方が
セッションに来てくださることが増えた。

大きな憎しみというのは
大きな愛のエネルギーの反転であり
愛情深いひとほど抱える案件だったり。

ぐわっと次元上昇するにあたっての
最後の砦のようなものだったりする。

憎しみからの、ゆるし。

ゆるしってね、笑えるようになること。

そのためにはセッションで
小鹿も小豚も登場するよ。

抹殺したいぐらいありえない相手の中にいる
震える小豚は、自分の中の震える子豚。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。