愛と愛情の違い

病気も介護も
相手の体調を管理したり責任をもつ係になるかどうかは
自分で選べる。

エネルギーてきに「相手の体調管理は自分の責任で役割」と
自分がお世話の責任を持つと
相手もお世話されるに相応しい心身の状態として登場してくれたり。

物理的にお世話をしても
相手を弱い人として観るのか、大丈夫な人として観るのか。

自分はどういう影響を相手に与える役割になるか
五次元エネルギーでの意識役割次第で
お相手は元気になったり自立する。

愛と愛情の違い。
まぁ大元は同じだけれども。

愛情の情で、放っておくことが出来ずに
必要以上に気にかけてかまって責任を感じて心配するのは
自分自身の中に 放っておかれることで困る傷跡があったり。

親子の癒着はこういう根底がふつうにある。

なので、自分の傷を癒やして幻想だと気がついて
昇華すると、変わる。
(変わってもよければ。変わりたくないときもある)

癒すのも「寂しかったね( 😭)\(^-^ )」とヨシヨシすることに
長くとどまることをするのも
現状突破に向かうために
あと3歩のその次をやるかどうか。

もうね、相手のことは、根本的には他者は介入できないよね。
「相手の自発性」を信頼するということは
放っておくことができるという、愛なのだ。

一見冷たく見えたりするけれど
愛は人間社会では厳しく映ることもある。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

「あと3歩のその次っていうのはどんなことなんでしょうか?」

「あと3歩のその次 は、セッションで現在進行形でございます☺️
 ヨシヨシの癒しのみにとどまってると、望む未来を創りにくくなります。
 癒されたかわいこちゃん(インナーチャイルド)が癒され続ける快を求め続けちゃうんですよね。

 もちろん、癒されることで前に進めるんですけど 

 具体的にどんな未来を創りたいのか?
 どんな自分で生きたいのか?を

 同時にやっていくことで 創造していくことができます。

 インナーチャイルドちゃんも立ち上がる必要が出てくる。
 (まぁ本来癒されたら勝手に立ち上がって元気にやりたいことをやるんですけど
 大人になるほど思考の思い込みの洗脳がくっついているからこその吹っ飛ばしも必要になる)

 受けていただいているいろんなワークや
 【関係性のオーダー】も未来(望むパラレル)のことですし
 たとえワークをやらずとも
 奥山のぶが放つ言葉も波動も
 すべて望むパラレルにすでに居る貴方を観ているので
 波動共鳴します(観たようになるので😆)

 だから、頑張らなくても変わります🌈 

 彼さまや息子さんが急変したり
 お仕事の依頼が来たりとか、現実化が分かりやすいですよね😉」

#幸福感度のサポートコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

奥山 のぶ
1976年、秋田市生まれ。 2021年現在、3チン(イシマン(夫)、長男(11歳)、次男(5歳))の住む家と、のぶの住む一人暮らしの基地との2拠点暮らし。 お嬢さまふうでありながら、男気溢れるロックな在り方で人のハートを撃ち抜く。人の魅力と開花を妨げている盲点を瞬時に見抜き言語化する鋭さと分析力。 ユニークな軽やかさと深みのある優しさで、どんなタイプの方もハートが開き柔らかくなる。 持って生まれた天性のカウンセリング力の開花。